花言葉を気にしない!花に罪はない

大学時代付き合っていた彼から花束をもらいました。

大学時代付き合っていた彼から花束をもらいました。

私は大学時代のサークルはオーケストラ部でした。定期演奏会では知人友人から花束をよくいただいていたのですが、当時付き合っていた彼からはもらったことがありませんでした。

 

私はお花が大好きで特にミニバラが好きです。通っていた大学から駅に向かう道の途中に可愛いお花屋さんがありました。花束のラッピングも凝っていてドライフラワーで作ったリースも可愛くてとても憧れていました。ただその時の私は一人暮らしで仕送りをもらって奨学金ももらってアルバイトをしている身分で、そう何度もお花を買うことができませんでした。

 

付き合っている彼に「学校の帰り道に素敵なお花屋さんがあるんだよ。あそこのミニバラのブーケはすごく可愛い」と話したことがありました。まあ若い男の人が花束を買うなんて勇気のいることだし、自分の彼はそういうことができるタイプではないということもよくわかっていました。花束が貰えるという期待は全くしていませんでした。

 

そして時間が経って私の大学卒業が近づいてきました。私は卒業したら実家に戻ることになっていたので彼とは遠距離恋愛になる予定でした。遠距離恋愛になったらちゃんと続けていけるかものすごく不安でしたが、決まったものは仕方がない、やれるだけやってみようと思っていました。そして卒業式が終わった次の日彼と会いました。すぐ引っ越し予定だったので、自分の一人暮らし部屋で会うのはそれが最後でした。
彼が部屋に入る前に「ちょっと待ってて」と言って車に戻っていきました。そして花束を持ってきてくれたのです。私の大好きな赤いミニバラの花束でした。花束そのもののすごく綺麗で可愛くて感動しましたが、私が言ったことを彼がちゃんと覚えていてくれたことが本当に嬉しかったです。聞けば私が言っていたお店までわざわざ出かけたとのことでした。

 

ブーケ・花束も保存方法
http://www.isvee13.org/

 

この彼からもらった花束は実家に戻ってからドライフラワーにして長く楽しみました。本当に嬉しかった思い出です。

ホーム RSS購読 サイトマップ